運動不足解消にジムがおすすめな理由とは!?(最新2024年)|UBX Media

運動不足解消 ジム イメージ

「運動不足解消には、ジムへ通うのが一番だ!」なんて話は、よく聞きますよね!

しかし、「運動なんて自宅でもできるがな!」と反論するかたも大勢います。

答えは個人の考え方次第なので、ジムで運動するのも自宅で運動するのも自由です。

ただし、運動不足を解消したい人は、そもそも自宅で運動する習慣がない気がします。そんなかたにこそ、ジムでの運動がおすすめです!


運動不足解消にはジムがベスト!継続して通うには?

運動不足解消のためにジムへ通うのは王道中の王道のプランです。

人間は楽をしたい生き物。自宅のみで、ストレッチや自重トレーニングをやり続けるのには限界があります(鋼のような強い意志を持つ人を除いて)。

やはり、会費を払って半ば強制的にジムで運動する習慣をつけるのが、運動不足解消への近道でしょう。

自分に合ったジムと出会ってこそ、ジム通いを継続するコツです。

運動不足が解消できるジムの特徴

運動不足が解消しやすいジムの条件とはなんなのか?

答えは簡単です。自分が継続して通えるジム(当然と言えば当然ですね^^:)!

三日坊主にならずにジムで運動を続けるには、以下を確認してください。

  • 自宅や職場からの通いやすさ
  • 自分の運動目的と合った器具があるか
  • 営業時間
  • 設備の有無
  • メンバーやスタッフの態度

詳しく見ていきましょう。

運動不足解消 ジム 特徴

通いやすさが何よりも重要

死活問題なほど重要なのが「アクセスの良さ」です。

どんなに理想なジムを見つけても自宅から距離があると、いずれ行くのが面倒になってしまします(筆者がまさにこのケース!)。

やはり日常的に運動をしたいからには、近場が最適です。家の近くでなくとも、通勤ルートに組み込める場所でも悪くありません。

マッチョ or スリムになりたい?

理想の体型になるために「必要な器具やプログラムがあるのか」を、チェックしましょう。

例えば、ボディービルダーのようになりたいのに、フリーウェイトが充実していないとがっかりしますよね。

逆に引き締まったスレンダーな肉体を目標としているのに、筋トレ上級者用のマニアックなマシンしかないと混乱してしまいます。

自分の目的とあったジム選びを心がけてください。

➡︎関連記事:ジムの種類を解説【2024年最新】

 

自分のスケジュールと営業時間の兼ね合いが取れるか

「営業時間が自分のライフスタイルと兼ね合いが取れているのか」も重要なポイントです。早朝や深夜に運動したくとも、ジムが閉まっていたら意味がありません。

「なら24時間ジムの一択だ!」と思うかもしれませんが、自分が通いたい時間帯は混雑時かもしれませんよ。

混雑しすぎて、自分がしたい運動ができないなんてケースも……。営業時間だけでなく、混雑のピーク時も要チェックです。


施設の設備を確認しよう

ロッカーやシャワールームの有無は、快適なトレーニング環境を左右する重要な要素です。

通勤途中に運動がしたいかたは、ロッカーに荷物を預けたいですよね。また、運動後にはシャワールームで汗を素早く流し、フレッシュな気持ちで帰路につきたいものです。

ロッカーは早いもの順で契約するケースがほとんどなので、利用できるかどうか事前確認を忘れずに!

無料体験で雰囲気チェック

運動不足解消ができるジムなのかを、簡単に確認する方法は無料体験をすることです。

実際にジムへ足を運べは、「通いやすさ」や「器具」、「混雑度」、「設備」のすべてを自分の目でチェックできます。また、スタッフやコーチ、メンバーの様子もわかります。

どんなにアクセスや設備が良くとも、メンバーやスタッフが「某世紀末アニメの革ジャンモヒカン軍団」みたいなら、通いたくありませんよね^^:

継続して通うためにも、無料体験の機会を有効活用してくださいね。UBXも無料体験を受け付けております!

 

運動不足解消にぴったりのジムランキング

運動不足解消がしたいかたへお勧めする、2024年最新のジムランキングをご紹介しましょう。

ランキングは、「運動不足の人が or 運動する習慣がなかった人が継続して通える環境を提供できるのか?」を重点に、当編集部が独断で判定しております。

なお、「通いやすさ」は個人の住所によって大きく左右されるので、このランキングでは重視されておりません!

lack-exercise_ranking_img

1位:セミパーソナルトレーニングジム

セミパーソナルトレーニングジムとは、完全個別指導(パーソナルトレーニング)とグループレッスンを融合したジムもしくはスタジオです。

例えば、ボクシングフィットネスを提供するジムがこれにあたります。

完全なパーソナルトレーニングほど料金は高くなく、グループレッスンも提供するので運動初心者でもとっつきやすいのが魅力です。

また、ひとりで黙々とトレーニングするより、「継続して通わなきゃ!」と思えやすい雰囲気があります。

➡︎関連記事:ボクシングフィットネススタジオ

2位:24時間型のジム

今や、ジムといえば24時間型ジムを思い浮かべるかたが大勢いるのではないでしょうか。やはり、好きな時間にいつでも気軽に立ち寄れるのが、現代人にピッタリですよね。

ただし、トレーニング初心者には利用できる器具が多すぎるため、逆にハードルが高いかもしれません。特に運動不足のかたは、孤独なトレーニングを続けられるかどうか……。

また、あなたが通いやすい時間帯は、他のかたにとっても通いやすい時間帯です。混雑度が気になります。

3位:総合スポーツジム

総合スポーツジムでは、数種類のスポーツを楽しめるのがポイント。

ウエイトトレーニングはもちろん、ヨガやスイミング、フットサルのプログラムを提供する施設もあります。

ただし、ひとくちに総合スポーツジムと言っても、運営会社によって形態はさまざまです。キッズ向けやシニア層に特化したプログラムのみを提供しているケースがありえます。

運動不足解消に効くジムのメニュー

「運動不足解消 ジム メニュー」と検索してみると、ズラリとトレーニングメニューが表示されます。こんなにもあると、どれが良いのかわかりません。

そんな時は、自分が面白そうだと思える運動から始めるのが運動不足を解消する近道です。

もしくは、ボクシングフィットネスやヨガのように、プロが考えたプログラムに沿って運動するのがお勧めです。

運動不足解消するためにいざジムへ!その前に必要な持ち物を確認しよう

トレーニング開始前の準備は万全でしょうか!?

「携帯電話やお財布は持ちましたか(近場なら不要かもしれませんが)?」
「運動着や運動靴はお持ちですか?」
「水分補給のための飲料水は?」
「運動後にプロテインは飲みますか?」

と、ジムでの必需品はあげたらキリがないので、リスト化すると忘れ物防止に繋がりますよ。

休会・退会・プラン変更方法は把握しておこう

「休会」や「退会」、「メンバープラン変更」の手順は、ジムへ入会する前にご確認ください。できれば、無料体験時にスタッフへ直接質問するのが安全確実です。

人生には色々なイベントがあるので、どんなに理想のジムを見つけても一生通い続けるのは難しいかもしれません。

引っ越しや仕事ルーティンの変化は、誰にでもありえます。直前になって慌てないよに、事前に知っておきましょう!